お役立ち!防音工事業者in大阪

top > 大阪の防音工事業者 > 防音の工事に関する大阪の助成金とその条件

防音の工事に関する大阪の助成金とその条件

 大阪地域には、空港があります。
その場所で航空機が離着陸する時には、かなり大きな音が出ます。
このため空港の周辺に住んでいる方々は、騒音で悩んでいる事も少なくありません。
話し声も聞こえなくなるぐらいの音量ですから、大きなストレスを感じている方も多いです。
その場合は、建物に対する防音工事が検討される事もあります。
工事を行っておけば、かなり音量を減らす事ができるからです。
ただ防音に関する工事を行う場合は、費用はかかります。
専門業者に工事を依頼する以上は、やや大きな金額になってしまう事も多いです。
それだけに空港周辺に住んでいる方々は、費用に関する悩みを抱えている事も少なくありません。
その場合は、大阪の自治体に相談してみると良いでしょう。
この自治体には、助成金の制度があるからです。

 大阪では、上述のような悩みを抱えている方は大変多いので、自治体としても助成金の制度を完備している訳です。
助成金のメリットは、かなり費用が負担される点です。
そもそも住宅に対する工事は、たとえ自治体に相談してみても、あまり大きな金額は負担されないケースも多いです。
せいぜい10万円ぐらいになるケースも目立ちます。
しかし大阪の空港に近い地域の場合は、その限りではありません。
かなり大きな金額が支給される事も多いですから、空港からの騒音が原因で防音工事を行う場合は、助成金の申請をしておく方が良いでしょう。
他の地域とは、事情が大きく異なる訳です。
ただし防音工事の助成金には、いくつか条件があります。
所定の条件を満たしていなければ、肝心の助成金が支払われませんから、注意が必要です。

 条件は複数ありますが、その1つは住宅が建設された時期です。
例えば新築の建物の場合は、たいてい助成金の対象にはなりません。
現時点での大阪地域では、昭和57年という基準があります。
それ以前に建設された住宅ならば、助成金の対象になる事が多いです。
しかし新築の住宅ですと、もちろん昭和57年以降に建設されている訳ですから、助成金の対象外になります。
それと、居住期間に関する条件もあります。
例えば大阪に短期間だけ居住する場合は、対象外になってしまいます。
あくまでもこの地域に長期で居住している方々が対象になります。
その他にも、室数などの条件もあります。
どこで上記のような条件を確認できるかというと、役所です。
役所窓口で問い合わせできますし、公式サイトでも条件を見る事ができます。

▲ ページトップへ